藤本化学製品株式会社

ご挨拶

当社は1953年の創立以来、医薬品原薬および医薬品中間体の生産・販売を主とした事業展開を進め、人々の健康保持・増進の一翼を担ってまいりました。昨今の医薬品業界を取り巻く環境は国内外共に日々変化が続いており、当社も時代の要請とともに厳しい変革が求められています。

医薬品は人々の健康維持や豊かな生活に大きな貢献をしてきました。今後も医学の進歩とともに、医薬品の開発はますます進んでいくものと思われます。高齢化が進むにつれて、健康ならびに生活の質への人々の要望は高まり、アンメットメディカルニーズ等への対応がますます求められています。私たちは、この新しい領域でも引続き社会のお役に立ちたいと考えています。

そして、この目標を達成するためには、社員一人ひとりが高い理想を掲げ、進歩を求めてやまないすぐれた集団でなければなりません。社員各々が限界まで挑戦し続けて作り上げた高品位の製品には、著名な芸術作品に勝るとも劣らない価値があり、必ずやお客様を満足させるものであると信じています。

また、当社はお客様のニーズに応えるため2008年より高薬理活性製造設備を保有し、さらに2017年には最新鋭設備を有する新プラントが稼働しています。弛まない技術革新と共に、将来を見据えた製造設備を整え、時代に即した研究・生産・品質保証体制を構築してまいります。これからも開発提案型受託製造企業としての存在価値を高め、お客様の様々なニーズにお応え出来る企業としてともに歩んでまいります。

 

代表取締役社長  藤本和将

会社概要

商号
藤本化学製品株式会社
本社
大阪市中央区道修町4−5−13
代表電話番号:06-6201-1681
設立年月日
1953年 6月26日
資本金
8,740万円
代表者
藤本 和将(代表取締役社長)
従業員数
203名(2020.4 現在)
事業内容
医薬品原薬、医薬品中間体、染料、電子・電気材料や光学材料などの有機機能材料、食品および食品添加物、化粧品原料および香料、油脂類等の受託生産、開発、商社活動を展開しております。製造部門につきましては60年を超える合成技術の蓄積により、新規開発品の豊富な受託研究・生産実績を誇っております。

沿革

1933
藤本商店開業
1953
藤本化学製品株式会社創立
1959
尼崎化学合成株式会社創立 医薬品中間体製造に着手
1966
金楽工場新設・稼動
1970
泉北工場工場新設・稼動
1974
泉北工場第2工場稼動
1983
東京営業所開設
1990
研究所新設
1994
泉北工場GMPプラント完成
1995
東京支店と改称
金楽工場GMPプラント完成
1996
本社ビル完成・移転
1998
泉北工場第3工場GMPプラント稼動
2003
藤本化学製品株式会社 ISO14001取得
金楽工場第2工場GMPプラント稼動
尼崎化学合成株式会社 ISO14001取得
2007
藤本化学製品株式会社・尼崎化学合成株式会社 合併
2008
金楽工場 第二工場内に高薬理活性物質製造設備(カテゴリー4対応)を新設
2015
泉北工場 第三工場内に高薬理活性物質製造設備(カテゴリー4対応)を新設
2017
泉北工場 第四工場(高薬理活性物質製造設備:カテゴリー4対応)を新設

CSR

経営理念

国際的視野に立ち、ファインケミカルを基軸に、人々の豊かな生活に貢献する。

経営基本方針

1.「顧客第一主義」に徹し、信頼される商品を提供する。
2.絶えず経営の革新と技術の向上に努める。
3.社業の発展をもって、社会に貢献する。

行動基本方針

1.私たちは、当社事業のもつ社会的責任と公共的使命を認識し、健全な業務運営を行っていきす。
2.私たちは、法令,社内規程、社会行動規範などを遵守してまいります。
3.私たちは、無事故、無災害に加えて、より豊かな環境を残すように努力します。
4.私たちは、自己責任原則を基本とし、フェアで透明なビジネスを行います。
5.私たちは、安全で高品質の商品・サービスを提供していきます。
6.私たちは、顧客、取引先からの情報や個人情報等に関し、適切な管理・運用に細心の注意を払います。
7.私たちは、企業情報を適時適切に提供します。
8.私たちは、従業員の安全と健康の確保に努めます。
9.私たちは、従業員の人格、人権を尊重し、不当な差別やハラスメントを行わず、豊かな職場環境を実現します。

ISO14001

環境理念

環境問題が人類共通の重要課題であることを認識し「私達は、地球環境と人類の健康を守る企業を目指します」をスローガンとして、地球環境の保全と社会への貢献を目指して活動する。

環境方針

藤本化学製品株式会社は、医薬品・化学品等の製造を主な業務とすることを踏まえ、以下の方針に基づき環境マネジメントを実施する。

1.当社の事業活動における環境側面を認識し、汚染の予防ならびに持続可能な資源の利用、気候変動、生物多様性等への対応を拡大し、継続的な環境マネジメントシステムの向上により環境保護に努める。

2.環境に関する法令、条例および当社が同意したその他の要求事項を順守する。

3.事業活動を通じて、省エネルギー・省資源の推進、廃棄物の削減およびリユース・リサイクルの推進、ライフサイクルの視点を反映した化学物質の管理強化などに努める。

4.環境パフォーマンスの向上のため、環境目標を設定し、改善活動を推進するとともに内部監査結果などによりレビューを行う。

5.本環境方針は当社のために働くすべての人に周知するとともに、社外の要求にも応じ公表する。

活動範囲

医薬品原薬・医薬品中間体並びに各種化学薬品の合成研究、工業化研究及び生産

一般事業主行動計画

藤本化学製品は次世代育成支援対策法に基づき2010年より一般事業主行動計画に取り組み、2014年に認証取得しました。継続的に取組を行い現在は以下の内容で4期目の活動に取り組んでいます。

<第4期:活動期間:2020.4.12023.3.31

目標1:子の看護休暇・介護休暇を時間単位で休暇が取得できる制度を導入し、勤務時間内の中抜けも認める制度も検討する。
        また、利用促進のための環境整備を行う。

目標2:
入社2年目以降の全従業員を対象として、期間終了までに平均値で令和元年の実績より1日以上多く取得することを目指す。

藤本化学製品は日本の急激な少子化の進行に対応して、次世代の社会を担う子供たちの健全な育成を支援しています。