サスティナビリティSUSTAINABILITY

人びとの健康保持・増進の
一翼を担ってまいりました

当社は、1953年の創業以来、「国際的視野に立ち、ファインケミカルを基軸に、人々の豊かな生活に貢献する」という企業理念のもと、医薬品原薬および医薬品中間体の生産・販売を主とした事業展開を進め、人びとの健康保持・増進の一翼を担ってまいりました。また昨今の医薬品業界を取り巻く環境は、国内外ともに日々変化が続いており、当社も時代の要請とともに、厳しい変革が求められています。この様な環境の変化を敏感に捉え、社会に意義ある存在として存続し続ける企業であるために、安全・安定操業の確立と継続とともに、コンプライアンス体制のさらなる強化に努めています。

そして2020年には、これまで進めてきた環境活動や、社会活動、企業統治の取り組みを継続的に深化させるべく、ESG推進室を設置しました。課題とする重要課題を特定し経営計画に反映、実施していくことで、当社は、社会とともに持続的な発展を遂げることが可能だと考えています。当社は今後もファインケミカルを基軸に、新たな価値創造を通じた持続的な発展と、2030年をゴールとするSustainable Development Goals (SDGs)の達成に貢献してまいります。

代表取締役社長藤本和将

CONTACT

お問い合わせ